銀行でのキャッシングは何故金利が低いのか

menu

キャッシングのHOW-TO

キャッシングをする際の申込みや審査について。

銀行でのキャッシングは何故金利が低いのか

キャッシングでお金を借りる時は、出来るだけ金利の低い金融機関に申し込もうと誰もが考えます。可能な限り低金利で融資が受けられる金融会社のキャッシングを使いたいと考えている人が多いようです。比較サイトなどで、各キャッシング会社の貸付金利をチェックしていると、得に銀行系キャッシングの金利が低いことに気づきます。

なぜ、銀行系キャッシングは低金利での融資ができるのでしょうか。要因の一つに、信用面の問題があります。キャッシングでは、信用の高い相手に対してお金を貸す時は、金利を低く設定することがあります。低金利で融資ができるのは、返済不能リスクが低い顧客であれば、債権の回収率を高くすることができるからです。

例えば、キャッシングを利用して借入れをしたにも関わらず、何かしらの理由で返済途中で破産してしまったとすると、貸した側の銀行は損失を被ります。貸したお金に、金利に基づく利息を足して返済してもらわなにければ、会社としては赤字です。

お金を貸したけれども、貸した分が返ってこないパターンや、返済途中で破産されてしまうことも、場合によっては発生しうることです。企業としての収入を確保するために、信用が低い人には、利息を高くとっています。

信用が高い人でなければ、銀行からの低金利での融資を受けることはできないのです。銀行の、低金利のキャッシングを使うには、信用を上げることが肝心です。具体的には年収の多い仕事につく、一つの会社に長く勤める、持ち家や家族を持つといったことが大事になります。